JR京都-山科間でも人身事故、男性飛び降りか 1万4千人に影響

 13日午後1時20分ごろ、京都市東山区今熊野宝蔵町のJR東海道線京都-山科間で、走行中の野洲発加古川行き快速電車に20代男性がはねられた。

 男性は病院に搬送されたが、その後死亡が確認された。京都府警東山署が身元の確認を急ぐとともに、詳しい事故原因を調べている。乗客約200人にけがはなかった。

 同署によると、男性は線路の上にある歩道橋から飛び降りたとみられるという。

 JR西日本によると、京都-草津間で約1時間、湖西線の山科-近江塩津間で約50分間運転を見合わせた。計28本が運休するなどし、約1万4千人に影響した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ