海や山で4人死亡、18人けが 3連休最終日

 お盆期間中の3連休最終日となった13日、各地の海や山でレジャー中の事故が相次ぎ、共同通信の午後5時現在のまとめでは4人が死亡したほか、18人がけがをした。

 京都府京丹後市では、海で泳いでいた大阪府東大阪市の会社役員高島幸原さん(65)が、うつぶせで浮いているのが見つかり、病院に運ばれたが死亡が確認された。

 新潟県佐渡市の沖合でも、サザエ採りをしていた横浜市保土ケ谷区の無職青松秀明さん(71)が水死。北海道余市町では、友人や家族と海水浴場を訪れていた札幌市中央区の会社員荻山昌希さん(29)が海中に沈んでいるのが見つかり、死亡が確認された。

 鳥取市青谷町の海水浴場でも、妻らと訪れていた神戸市北区の会社員山田伸彦さん(69)の姿が見えなくなり、防災ヘリが発見したが死亡した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ