「よっしゃ!」歓声、女子生徒ら涙 朝鮮学校無償化、大阪訴訟判決は疑問だらけ

【衝撃事件の核心】

 「よっしゃ!」。傍聴人があちこちで立ち上がり、悲鳴のような歓声を上げた。チマチョゴリ姿の女子生徒らは涙を流し、その場で抱き合った。厳粛な法廷が、一瞬にして祭りの会場のような騒ぎになった。朝鮮学校を高校授業料無償化の対象とすべきか否かが争われた訴訟で、大阪地裁は7月28日、無償化に含めるよう義務づける原告側勝訴の判決を言い渡した。

 原告側の同様の請求を全面的に退けた同月19日の広島地裁判決とは正反対の結論になった。北朝鮮や在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)による「不当な支配」はない、というのが大阪地裁の判決理由だが、朝鮮学校の教科書には独裁体制を称賛する記述も並ぶ。そうした教育に公金を出す必要性があるのか。北朝鮮による拉致被害者の家族はもちろん、国民世論ともかけ離れた疑問だらけの判決となった。

 省令改正は「違法」

 大阪訴訟の争点は大きく2つ。

 (1)朝鮮学校を無償化法の対象から除外した文部科学省令の改正(平成25年2月)は適法か

 (2)朝鮮学校が無償化の基準を満たしているか=北朝鮮や朝鮮総連からの「不当な支配」を受けていないか

 (1)の点に対する大阪地裁(西田隆裕裁判長)の判断は、以下のようなものだった。

 そもそも省令は、法秩序の上で、無償化法よりも下位に属する。法律で詰め切れない細かい部分を補うのが省令の役割だ。

次ページその上下関係を踏まえて改めて無償化法の趣旨を見てみると、そこには…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ