「あなたのせいでパソコンが壊れた」 妻の一言で暴発したエリート夫が「頭部破壊」で惨殺するまで

【衝撃事件の核心】

 登山が共通の趣味だったおしどり夫婦の生活は、どこで分水嶺(ぶんすいれい)を迎えたのか-。東京都八王子市内の山林に妻の万里子さん=当時(43)=の遺体を遺棄したとして、警視庁捜査1課は8月22日、死体遺棄容疑で、国立市富士見台の保険調査員、青木克人容疑者(51)を逮捕した。青木容疑者は「妻と口論になり、頭をハンマーで殴った」と殺害についても自供。万里子さんの生存を偽装するメールを送信していたほか、犯行直後も平然と登山を続けており、知人らからはその二面性に驚きの声も上がった。

 消えた被害者

 「前日とは打って変わって涼しい曇りのなか、静かに歩いてきました」

 青木容疑者は万里子さんの遺体を遺棄した直後とみられる6月18日、八王子市内の山に1人で出かけていた。この場所は、5月に夫婦で登ったばかりの山だった。夫婦が所属する立川山岳会のウェブサイトには、登山中に初めてイノシシと遭遇したエピソードを交え、「人間に慣れていない感じでした」などと淡々と記述。7月にも2泊3日で北アルプスの穂高連峰に登るなど、何食わぬ顔で登山を満喫していた。

 捜査1課によると、万里子さんは都立の特別支援学校の主任教諭をしており、6月16日に出勤したのを最後に欠勤が続いていた。携帯電話はつながらないものの、学校へは毎週のように休暇願のメールが届いていた。

次ページ「離婚でもめている。しばらく自宅には帰らない」と…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ