「日本国籍が条件」上から目線に憤慨したトルコ人男性 “正義”の法廷闘争

【衝撃事件の核心】

 「こんなん、さべつやん!」。トルコから来日してもう15年近く。永住者としての在留資格を持つ男性は心の底から憤慨した。加盟店を募集していた自動車販売会社に資料請求したところ、「日本国籍が条件」と何の確認もなく門前払いされたのだ。抗議のメールを送ったが、納得いく説明はない。意を決した男性は自ら訴状を書き、弁護士を立てない「本人訴訟」に打って出た。孤高の法廷闘争に司法はどう応えたか。

 「外国人お断り」

 大阪市在住のイエネルさん(40)は約14年前に来日。ITエンジニアなどとして働き、永住資格も取得している。

 ある日のこと、中古車オークションに関心を持ったイエネルさんは、市内の自動車販売会社のホームページ(HP)にアクセス。そこで加盟店募集を行っていることを知り、さっそく資料請求することに。HP上の入力フォームに氏名など必要事項を書き込み、送信した。

 ところが翌日、予想もしなかったようなメールが返ってきた。

 《大変申し訳ございませんが、当社では日本国籍保有者の方を対象としておりますので、外国人の方には資料の送信を見合わせています》

 入力フォームに国籍を記載する欄はなかったが、名前から外国人だと判断されたようだ。メールには続けてこうあった。

次ページ「上から目線」を感じたイエネルさんは怒った

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ