秋田県の佐竹敬久知事、減給案提出へ 大雨被害時に県外ゴルフ

 秋田県の佐竹敬久知事は13日、7月の大雨被害の際にゴルフをしに県外へ出掛け不在だった問題をめぐり、自らを減給処分にする条例案を県議会に提出する。

 記録的な大雨で県内に川の氾濫などの被害が出た7月22日、佐竹知事は県の部長2人やOBと宮城県でゴルフをし、夕方から飲酒。23日早朝に出発したが、土砂崩れなどによる交通渋滞のため県庁での災害対策の会議に間に合わず、欠席した。

 事前に県外へ出ると部下に伝えず、当初は部長の同行を隠したことも批判され、自身と部長2人の処分を検討していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ