ポテトサラダなどO157集団食中毒 前橋市会見(1)「客が盛りつける際の管理が不十分」

 --もう1人の患者は何歳か

 「前橋市在住の60代女性。この女性と女児は家族の集まりで一緒に食べた」

 --事件の経過は

 「9月5日午後5時過ぎに東京都庁から連絡が入り、それから調査していた。情報を精査し、その時点では前橋市の親戚(しんせき)の方の連絡先が分からなかった。60代の女性の方は幼児より先に情報が入っていて、何を食べたのかなどを調査した。60代女性の発症は8月30日以降。女児に関する連絡は5日で、その段階で2人のウイルスが一致しているのかは分からず、その後、同一グループと判明した」

O157に感染して死亡した3歳女児が食べた総菜を販売した「でりしゃす六供店」=13日、前橋市六供町(住谷早紀撮影)

O157に感染して死亡した3歳女児が食べた総菜を販売した「でりしゃす六供店」=13日、前橋市六供町(住谷早紀撮影)

 --60代女性の発症が分かったのはいつか

 「8月30日に届け出を受けた」

 --初めて犠牲者が出た。新たな対応は

次ページ「盛りつけから先は客自体が自主的に行っている。自分で…」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ