東日本豪雨 生活再建、愛犬と誓う 救助の夫妻 2年ぶり住み慣れた常総へ

 平成27年9月に東日本豪雨で大きな被害が出た茨城県常総市で、流された自宅の屋根からヘリコプターで救出された50代の夫婦と2匹の柴犬が2年ぶりに住み慣れた土地に帰った。「こいつらがいたから、乗り越えられた」。避難生活中も支え続けてくれた愛犬と、生活の再建を誓う。

 27年9月10日昼、目と鼻の先の鬼怒川堤防が決壊。羽鳥茂さん(59)夫婦の自宅は濁流に囲まれた。夫婦と2匹は2階に取り残され、やがて家屋ごと流された。「生きた心地がしなかった」。断続的に雨も降る中、命からがら屋根に逃れて助けを待った。それぞれが胸に抱いた犬のぬくもりがうれしかった。

 決壊から約3時間後、自衛隊のヘリが到着。バッグに1匹ずつ収め、一緒に救出された。

 市内の親戚宅に身を寄せ、家探しを始めた。県は県営住宅などを提供していたが、ペット連れで入居できる部屋は少なく難航。市の協力で、隣接する下妻市の民家に落ち着くことができた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ