「なぜ1匹にできないんや」“ペット定員オーバー”めぐり法廷バトル 地裁の結論は…

【衝撃事件の核心】

ペットは1匹までならOK、2匹目はダメ。そんな管理規約が定められた分譲マンションで、ある入居男性が犬2匹を飼い、再三の注意にも従わなかったことでトラブルに発展した。管理組合側は男性を提訴したが…

ペットは1匹までならOK、2匹目はダメ。そんな管理規約が定められた分譲マンションで、ある入居男性が犬2匹を飼い、再三の注意にも従わなかったことでトラブルに発展した。管理組合側は男性を提訴したが…

 ペットは1匹まで。大阪市内のあるマンションは、管理規約で飼育匹数を制限していた。ところが住民の1人が“定員オーバー”の犬2匹を飼育。管理組合の再三の注意にも従わなかったことから、トラブルに発展した。管理組合は飼育差し止めを求めて大阪地裁に提訴したが、住民側は「命をあげたり、もらったりは簡単にはできない」と、生命の尊厳を前面に押し出して反論を展開した。激しい攻防の末に、地裁が導いた結論は-。

 注意され「1匹にした」

 舞台は大阪市内の11階建て分譲マンション。入居者の山本一平さん(仮名)は平成24年ごろから、1匹目のペットとして犬を飼い始め、遅くとも昨年には2匹目も家族に加わっていた。

 このマンションはペット飼育可の物件だが、管理規約の細則には「飼育する動物の頭羽数は、一の占有部分につき1頭羽を限度とする。ただし、小鳥(4羽以内)および観賞用魚類はこの限りではない」との規定が設けられている。

 つまり1部屋につき犬や猫なら1匹までしか許されておらず、男性の2匹目の犬は規約違反ということになるのだ。

 ところで、同マンションにはペットの飼い主らで構成する「ペットクラブ」という組織が存在する。ペットがいる住民の加入が義務づけられ、飼育マナーの向上や、他の住民とのペットをめぐるトラブルを防止する目的がある。

次ページ万一、問題が起きたときも、クラブが対応に当たることが…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ