特殊詐欺界に外国人犯罪組織の“参入”本格化か アカウント名は「悪い奴」 

 【衝撃事件の核心】

 裏社会で外国人犯罪組織が暗躍し、日本の犯罪組織とつながりを強めつつある-。そんな衝撃的な事実が明らかになった。警視庁が2日、犯罪収益移転防止法違反の疑いで逮捕したベトナム国籍の無職男は、同胞のベトナム人を率いて銀行の預金通帳やキャッシュカードを違法に収集。さらに特殊詐欺用の“道具”を扱う違法業者を通じ、日本人の詐欺グループに供給していたというのだ。警視庁は5月にも、道具の密売グループに所属していたとされるベトナム人男女4人を摘発している。闇の一端を追った。

 これまでにベトナム人10人以上摘発

 今年2月ごろ、埼玉県川口市のJR西川口駅構内の現金預払機(ATM)コーナー。留学生として来日していた20代のベトナム人の男が、グエン・トゥン・ゴック容疑者(23)と向かい合っていた。留学生の男が、何かをグエン容疑者に譲り渡す。するとグエン容疑者からは見返りに現金2万円が手渡された。

 2人がやり取りしたのは、留学生の男が自身の名義で開設した銀行通帳とキャッシュカード。違法な口座譲渡の現場だった。通帳とカードはその後、日本人の詐欺グループによる特殊詐欺の詐取金の振込先として使われることになった。

 グエン容疑者は今月2日、犯罪の「道具」として使われることを知りながら通帳とカードを違法に入手したとして、警視庁組織犯罪対策1課に逮捕された。

 組対1課によると、グエン容疑者が行った犯行はこの1回だけではない。収集した口座やカードを「道具屋」(特殊詐欺グループに詐欺用口座などを供給する違法業者)に転売し、利ざやを稼ぐ犯行を重ねていたとみられるという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ