ドンキ値札詐欺…万引との違いは? 「犯人扱いするな!」逆ギレ夫婦らの言い訳

【衝撃事件の核心】

 ディスカウントショップの「ドン・キホーテ」などで、商品の値札が安値のものに付け替えられる詐欺事件が相次いでいる。今年に入り、大阪や兵庫の店舗で被害が続発した。万引との最大の違いは、レジを通すこと-の一点に尽きる。仮に露見したとしても「わしらちゃう、店のミスやんけ!」と開き直られると、お客さま第一主義が浸透した商慣行上、犯罪だと告発しにくい背景があるのだ。より安い値札を求めてドンキ行脚を繰り返していたある夫婦の足跡を追った。

 防犯カメラに不審な挙動

 「付け間違いやろ!」

 4月4日夜、大阪府箕面市の「MEGAドン・キホーテ箕面店」で、会社員の男(30)=兵庫県尼崎市=が店員にすごんだ。

 トラブルの原因は、男の妻(29)がレジに持ち込んだ野球帽だった。定価は4990円だったが、値札の表示は390円になっていた。店員が「間違っている」と気づき、そのことを指摘したところ、男が激高したというわけだ。

 「犯人扱いするな!」。そう捨てぜりふを残して、夫妻はその場を立ち去った。

 しかし、店側から通報を受けた大阪府警箕面署の捜査員が店内の防犯カメラを調べたところ、問題の野球帽を手元に引き寄せ、不審な挙動を見せる妻の姿が写っていた。こうした物証をもとに、夫妻は7月、詐欺未遂容疑で逮捕されることになった。

 手口はいたって原始的だ。値札は紙製。商品とはプラスチックの輪っかで連結されている。引っ張れば、輪っかを通す穴から、縦に破れた線ができる。狙いをつけた商品と安い商品のタグを入れ替え、線に沿って輪っかに戻せば一丁上がりだ。

次ページ実行役は妻だった。同じフロアから手ごろなタグを見繕う間…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ