船橋市が職員2人を処分 盗撮、向精神薬不正持ち出し 

 船橋市は11日、今年5月8日、勤務先の放課後ルームの女子トイレにカメラを設置し、児童2人を盗撮した非常勤男性職員(27)を懲戒免職処分にしたと発表した。また、昨年8月16日から9月18日までの間、勤務先の市医療センターで9回にわたって麻酔薬や向精神薬、注射器などを不正に持ち出し、自分で使用していた女性看護師(38)を停職6カ月の懲戒処分にしたことも明らかにした。看護師は11日に退職したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ