警察犬、柱の中の拳銃を発見 薬物も識別できる「ハイブリッド犬」 警視庁

 拳銃1丁を隠し持っていたとして警視庁組織犯罪対策5課は、銃刀法違反(所持)の疑いで、指定暴力団稲川会系組幹部、岡崎一容疑者(50)=横浜市南区万世町=を現行犯逮捕した。組事務所の捜索で、警察犬が柱の中に隠されていた拳銃を発見。調べに対し「細工をして隠したのはオレだ」と容疑を認めている。

 逮捕容疑は、11月29日、横浜市中区の組事務所で、回転弾倉式拳銃1丁を所持していたとしている。

 組対5課が違法薬物に関する情報提供を受けて組事務所を捜索。警察犬の「イルミナ号」(雌、9歳)が組長席の背後にある柱の空洞内に隠されていた拳銃を発見した。

 同課によると、警察犬はラブラドルレトリバーで、違法薬物と銃器の両方を識別できる「ハイブリッド犬」だった。柱の近くでしきりと匂いを嗅ぐ気配を見せたため、内部を詳しく調べたところ、バスタオルにくるまれた状態で保管されていた拳銃を発見したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ