少年買春逮捕の湖西市議、明らかになった「3つめの顔」 夕刊フジ直撃に妻絶句「今は何も考えられません」

 10代の男子生徒に下半身の画像を送らせたり、わいせつ行為をしたなどとして、児童買春・ポルノ禁止法違反の疑いで神奈川県警に逮捕された静岡県湖西市議の島田正次容疑者(70)。五輪選手も育てた陸上・棒高跳びのコーチとしても有名だが、知られざる「3つめの顔」があった。

 「全く知りません。今は何がなんだか…」

 島田容疑者の妻は10日、夕刊フジの電話取材に震える声で答えた。

 「今は何も考えられません。けさ自宅に警察が来て…」と話したところで電話を切った。

 逮捕容疑は昨年3月19日、当時14歳だった横浜市の男子生徒(15)に自宅で下半身を露出させた写真を撮影させ、LINE(ライン)で送信させた疑い。昨年12月10日には横浜市のホテルで高校2年の男子生徒(17)に現金1万円を渡してわいせつ行為をした疑いももたれている。

 島田容疑者は男子生徒らとネット掲示板を通じて知り合ったといい、容疑を認めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ