信越線立ち往生 「安全優先」で乗客降ろさず 対応に問題も

 JR信越線の普通電車が新潟県三条市で約15時間半、立ち往生したトラブルで、JR東日本は12日、降雪量が多く除雪が追い付かなかったとの見方を示した上で、対応に問題がなかったかどうかを調査する考えを明らかにした。

 JR東日本新潟支社によると、電車が立ち往生したのは11日午後6時55分ごろ。直後は社員が人力で除雪を続けたが、降雪が多く間に合わなかった。駅で運転を取りやめれば立ち往生は免れたが、電車の前面に雪かきを装備していたため、運行可能と判断したという。

 除雪車の出動も遅れ、配備先の長岡駅から現場に向かったのは12日午前1時半ごろ。現場到着は同9時半ごろにずれ込んだ。1時間弱で除雪作業は終わり、同10時26分に運転を再開した。

 日本海側の広範囲で雪が降った11日夜、信越線の現場近くで稼働していた除雪車はなかった。雪をかきながら進む除雪車はスピードが遅く、到着までには長時間かかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ