阪神大震災23年 祈りの雨 伝え継ぐ

 6434人が犠牲となった阪神大震災は17日、発生から23年となった。発生時刻の午前5時46分、神戸市など被災各地で一斉に犠牲者らに黙祷(もくとう)がささげられた。降りしきる雨の中、市民らは23年前に思いをはせ、震災の教訓を次世代へ語り継ぐことを誓った。

 神戸市中央区の東遊園地で開かれた追悼行事「1・17のつどい」では、竹灯籠約7千本が「1995 伝(つたえる) 1・17」の形に並べられた。竹灯籠の火が雨で消えないよう、市民らは傘や手で火を守りながら冥福を祈った。神戸市によると、会場には午前5~7時で約3700人が訪れた。統計を取り始めた平成20年以来、過去最少となった。

 追悼行事では、震災で次男の秀光(スグァン)さん=当時(20)=を失った在日コリアン2世の崔敏夫(チェ・ミンブ)さん(76)=同市須磨区=が遺族代表として、「震災で知った『命、愛、絆』という3つの言葉を大切にし、体験を語っていきたい」と述べた。久元喜造市長は「震災の教訓を、いかに継承するかという課題に引き続き取り組みたい」と話した。

 一方、「人と防災未来センター」(同市中央区)前では、兵庫県などが「ひょうご安全の日 1・17のつどい」を開催。井戸敏三知事が「震災の経験を次世代へと伝え、安全な社会づくりに生かしていくことが被災地・兵庫の使命」とあいさつした。その後、大規模災害などへの備えを呼びかける「1・17ひょうご安全の日宣言」が朗読された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ