少年鑑別所への相談急増…1年間で6千件 「万引」「暴力」悩める親たち

【関西の議論】

少年鑑別所への相談件数

少年鑑別所への相談件数

 非行防止のため少年鑑別所が保護者らから相談を受ける「地域援助」が注目を集めている。

 法務省によると、相談件数は平成28年の1年間で約6千件に達し、2年前の3倍以上に上った。27年6月から少年鑑別所の主要業務の一つに位置づけられたためだが、背景には人口減で少年犯罪の数自体は減りながら、割合は高止まりしている状況がある。

 関係者は「事件に至らない段階で子供のことに悩んでいる人は多い」と指摘。大阪府内では保護者からの相談はもちろん、「(社会復帰を支援する)福祉関係機関からの相談が多いのが特徴」といい、幅広いニーズに対応している。

 心理学などの専門知識活用

 「万引を繰り返してやめない」「親の財布からカネを盗む」「暴力を振るう」…。昨年全国の少年鑑別所の地域援助に寄せられた相談の例だ。

 少年鑑別所は、少年の裁判に相当する少年審判が開始するまでの間、家庭裁判所の観護措置決定に基づいて少年を収容する施設。少年審判に向け、家裁の求めに応じて面接や心理検査を行うほか、家庭環境や交友関係の調査も実施し、結果を家裁に通知する。分所を含め全国52カ所に設置されている。収容期間は通常4週間だが、最長8週間まで延長できる。

次ページ家裁の要請を受けた調査では、少年について、医学や心理学などの専門的知識を用いて…

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ