仮想通貨流出 顧客資産返せない恐れ 取引停止、復旧めど立たず

 仮想通貨取引所の運営大手コインチェック(東京)から約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、ネムを保有していない顧客を含め、預けている資産が失われる恐れがあることが27日、分かった。同社は「最悪の場合は顧客資産を返せない」と被害が広範囲に及ぶ可能性を示唆している。

 外部から不正アクセスがあり、コインチェックが顧客から預かっていたネムのほぼ全てが26日未明、流出した。同日午後、全ての仮想通貨と日本円の出金を停止。復旧の見通しは立っておらず、利用者は自らの資産を引き出せなくなった。

 顧客資産の補償には、コインチェックが自社の資産を充てることが考えられるが、同社は保有する現預金の規模を明らかにしていない。

 コインチェックはインターネット上の口座でネムを保管しており、ネットに接続しないオフラインで管理する場合と比べて安全性が低い状況だった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ