「表」は青年実業家、「裏」は詐欺団リーダーの男 関係者がその素顔を激白

【衝撃事件の核心】

 30代にして会社を興した青年実業家の男には知られざる「裏の顔」があった-。都内の50代の無職女性からキャッシュカードをだまし取ったとして、警視庁捜査2課が、詐欺の疑いで逮捕した東京都江東区有明の不動産会社代表、加藤竜太容疑者(37)。同課によると、加藤容疑者は、警察官や金融庁職員を装ってキャッシュカードをだまし取る詐欺団のリーダーだった疑いがあるという。表社会と裏社会、双方を行き来した男の“二重生活”の一端を関係者が明かした。

 被害総額は8000万円以上か

 平成29年10月上旬、東京都小金井市に住む50代の女性の自宅に1本の電話がかかってきた。

 受話器を取った女性に電話口の向こうから男がこう話しかけた。

 「あなたが銀行のお金を引き出される被害に遭っているかもしれません」

 「警視庁の刑事」を名乗る男は、摘発した詐欺グループの犯人の中に女性の個人情報を所有する者がいたと主張。電話の主は、さらにこうたたみかけてきた。

 「被害に遭っているか調べてみますから、口座番号を教えてください」

 突然の事態に慌てた女性は男の求めに応じる。

 しばらくして、女性の自宅に「金融庁職員」と称する男が現れ、女性からその場でキャッシュカード3枚を受け取った。

 しかし、一連のやりとりは詐欺グループが仕掛けたワナだった。電話をかける「掛け子」とカードを受ける「受け子」。連係プレーで女性からまんまとカードを手に入れたのだ。

 詐欺グループは、女性からだまし取ったカードの口座から180万円を不正に引き出していたという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ