容疑者「北朝鮮のミサイル挑発に怒り」 朝鮮総連への発砲

 東京都千代田区の在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)中央本部に銃弾が撃ち込まれた事件で、建造物損壊容疑で逮捕された桂田智司容疑者(56)と川村能教(よしのり)容疑者(46)=ともに職業不詳=が、警視庁公安部の調べに「北朝鮮による相次ぐミサイル挑発に堪忍袋の緒が切れた」などと動機を説明していることが27日、捜査関係者への取材で分かった。2人は右翼団体周辺者とみられている。

 公安部は同日、2人が居住していた横浜市栄区桂町の集合住宅の一室を家宅捜索。押収資料を分析し、背後関係の有無などを調べるとみられる。

 事件は23日未明に発生。2人はワンボックスカーで乗り付け、助手席から川村容疑者が拳銃を発砲。弾丸は門扉に命中した。その後、2人は警戒中の機動隊員に取り押さえられた。桂田容疑者は「警備が厳しい22日の『竹島の日』を避け、夜間を狙った。発砲後、(門扉に)車で突っ込む計画だった」などとも話しているという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ