「借金で売却急いでいる」不動産のプロも翻弄 地面師の巧妙だましテクニック

【衝撃事件の核心】

 医療法人が所有する東京都品川区西五反田の土地をめぐり、所有者を装って売買代金約3億6000万円をだまし取ったとして、「地面師」の男らが警視庁捜査2課に逮捕された事件。男らは被害者である購入者側に対し、「土地所有者は借入金返済のために売却を急いでいる」などと説明して取引を急がせ、巨額のカネを詐取していた。購入者側が取引に不審さを抱いても、確認する時間を与えないための方便とみられる。捜査関係者への取材や訴訟記録などから浮かび上がるのは、不動産のプロからも正常な判断力を奪う巧妙なだましのテクニックだ。

全てが虚偽

 事件の舞台となったのは、JR山手線五反田駅と目黒駅の間、山手通り沿いにある一等地だ。ここは小平市の医療法人が所有する約480平方メートルの土地で、現在は高齢者福祉施設が建っている。

 ここがまだ更地だった平成25年4月5日午前、品川区にある東京法務局品川出張所に、今回の事件の登場人物たちが一堂に会した。

 集まったのは、契約書や本人確認書類を偽造し、不動産会社社長の男性から現金をだまし取ったなどとする偽造有印公文書行使容疑などで今年2月に捜査2課に逮捕された宮田康徳容疑者(55)や草薙讃(ただえ)容疑者(83)らだ。

 当時司法書士だった草薙容疑者が所有者の本人確認を担当。土地は医療法人から宮田容疑者らと共犯で逮捕された男(45)が経営するIT会社を経由し、男性が取得するとの方式で登記が申請された。男性は土地の代金として約3億6000万円を支払った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ