旅行会社4社を処分 規定より安値で車両貸し切り 観光庁

 観光庁は13日、国が定める下限より安い料金でバスを貸し切るなどした旅行業者4社に対し、最大14日間の業務停止などの処分を出したと発表した。

 観光庁によると、中日企業(名古屋市)は昨年2月、名古屋市から福井県に向かう写真撮影旅行を実施した際に下限より安い料金でバスを貸し切った。同庁は、本社営業所を今月15日から14日間の業務停止処分(新規契約に限る)にした。同社は中日新聞社の子会社。

 近畿日本ツーリスト中部(名古屋市)は平成28年5月、高校部活動の試合で下限より安くバスを貸し切り、JTBメディアリテーリング(東京都)は28年12月、徳島県阿波市内で営業区域外のタクシーを貸し切った。両社は一部部門が今月14日から9日間の業務停止処分(新規契約に限る)となった。

 中国からの観光客を対象として、28年10月に下限より安くバスを手配したタイリクトラベルサービス(東京都)には、業務改善命令を出した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ