中川智正らオウム死刑囚7人を移送 5拘置所に分散か

 オウム真理教による一連の事件で、東京拘置所に収容されていた死刑囚13人について、法務省は14日、麻原彰晃死刑囚(63)=本名・松本智津夫=を除く7人の他の拘置所への移送を始めた。関係者への取材で分かった。一連の事件の刑事裁判は今年1月に終結しており、法務省は執行の時期を慎重に検討しているとみられる。

 死刑の執行ができる施設は札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、広島、福岡の計7カ所の拘置所。7人が移送されたのは、このうち仙台、名古屋、大阪、広島、福岡の5カ所とみられ、松本、地下鉄両サリン事件などに関わった中川智正死刑囚(55)が含まれているという。

 複数の共犯者がいる事件の場合、審理は同じ裁判所で行われることが通例で、被告人は同じ拘置所に収容される。裁判が終了すると、死刑囚は別の拘置所に分散して収容される。

 分散させるのは、拘置所内で死刑囚を収容する場所が限られているため、他の死刑囚の刑が執行された場合、残された死刑囚に心理面で影響を与えるのを避けることや、同日に執行になったときに、拘置所職員への負担を軽減するなどの目的があるという。

 一連のオウム真理教事件では、教団関係者約190人が起訴され、これまで麻原死刑囚ら13人の死刑、6人の無期懲役が確定している。今年1月に元信者、高橋克也受刑者(59)の無期懲役が確定し、全ての裁判が終結した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ