国の賠償責任認めず 注射器C型肝炎訴訟、札幌

 北海道由仁町の2診療所で昭和55年ごろまで消毒が不十分な注射器が使い回され、C型肝炎ウイルスに感染したのは国が医師らへの指導を怠ったためとして、患者や遺族計約110人が国に約3億5千万円の損害賠償を求めた訴訟の判決で、札幌地裁は14日、注射器使い回しの客観的な裏付けが不十分として請求を棄却した。

 原告らは、由仁町の2診療所=いずれも廃院=で、風邪の治療などの際、医師から注射を受けて感染、肝硬変や肝がんを発症したと主張。カルテなどの記録は現存せず、医師らも亡くなっていたため、注射と感染の因果関係が焦点だった。

 訴訟で患者らは「医師が注射器を湯飲み茶わんの水で洗っていた」などと証言。これに対し、湯川浩昭裁判長は判決で「記憶の減退もあり、根拠の乏しい推測で供述をした者が含まれている可能性が否定できない」として信用性を認めなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ