ヒルクライムDJに有罪判決 大麻所持罪、静岡地裁

 大麻を所持していたとして、大麻取締法違反の罪に問われたヒップホップユニット「Hilcrhyme(ヒルクライム)」の「DJ KATSU」こと斎藤桂広被告(38)の判決公判が19日、静岡地裁で開かれ、杉田薫裁判官は斎藤被告に懲役8月、執行猶予3年(求刑懲役8月)の判決を言い渡した。

 杉田裁判官は「週4回の頻度で使用するなど大麻への依存性の高さがうかがえる」と指摘。一方で「周囲にも多大な影響を及ぼしたことを自覚し、二度と大麻に手を出さないと反省の態度を示している」と情状酌量を認め執行猶予とした。

 判決によると、斎藤被告は平成29年12月1日、新潟市中央区にある自宅で乾燥大麻1袋(約0.49グラム)、同区にある自身が代表取締役を務める事務所でラップに包まれた乾燥大麻4包(約7.526グラム)を所持した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ