東京23区の3分の1が台風高潮で浸水か 都が想定発表

 東京都が台風による最大規模の高潮被害に見舞われた場合、沿岸地域を中心に都内17区の約212平方キロが浸水すると想定されることが30日、都発表の高潮浸水想定区域図から明らかになった。23区の面積の3分の1に相当し、墨田、葛飾、江戸川の3区では9割以上が浸水。水深は江東区で最大約10メートルに達し、浸水被害が1週間以上継続する地域もある。

 台風の中心気圧が、過去に上陸した中で最大規模の室戸台風(昭和9年)クラスになると想定。この台風が東京湾周辺を通過する確率は1千~5千年に1回とされるが、都は「最悪の事態を想定した」としており、避難誘導などソフト対策強化につなげていくとしている。

 浸水想定区域の昼間人口は約395万人、夜間人口は約325万人。

 都によると、想定される浸水は墨田区で99%の13.61平方キロ、葛飾区では98%の34.15平方キロ、江戸川区では91%の45.46平方キロに広がる。江東区では68%の27.42平方キロ。

 東部の川沿いの住宅地では浸水の深さが7メートルまで達するとされ、江戸川区と江東区では災害対策拠点となる区役所付近では5メートル前後が想定されている。JRの品川、新橋両駅で1メートル超、大企業の本社が集まる港区や中央区の沿岸部でも50センチ程度の浸水を見込む。

 水防法は平成27年の改正で、都道府県が高潮浸水想定区域図を作り、公表するよう求めている。浸水が想定される区は今後、ハザードマップ作成に取り組む。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ