現金取引を装い約1億9千万円相当の仮想通貨を詐取 男ら7人逮捕 警視庁

 「現金2億円と交換する」と持ちかけ、東京都に住む会社社長の40代男性から約1億9千万円相当の仮想通貨「ビットコイン(BTC)」をだまし取ったとして、警視庁サイバー犯罪対策課と兵庫県警は、詐欺の疑いで、兵庫県神戸市北区藤原台北町の青果業、東健太容疑者(24)ら20代の男計7人を逮捕した。7人は調べに「取引の内容までは全く知らない」などと容疑を否認している。

 逮捕容疑は昨年7月、東京都渋谷区のホテルのロビーで取引のために男性の代理人と会い、男性にBTCを送金させた上、「確認できない」などと嘘を言って現金を渡さず、BTCを詐取したとしている。

 同課によると、詐取したBTCは、仮想通貨交換業者として登録申請中のみなし業者(横浜市)が所有する口座に送られ、現金化されていた。

 同課は、7人がマネーロンダリング(資金洗浄)を図った疑いがあるとみており、指示役の有無など背後関係を調べている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ