新潟女児殺害 小2女児に不審な男 事件当日「声掛けられた」

 新潟市西区のJR越後線の線路で、近くの小学2年、大桃珠生さん(7)の遺体が見つかった殺人、死体遺棄事件で、事件当日の7日、女児が「(朝の)通学途中に男から声を掛けられた」と学校で話していたことが9日、関係者への取材で分かった。新潟西署捜査本部もこの情報を把握しており、通学路周辺で聞き込みを行うなどして事件との関連を調べている。

 昨年9月には、同じ小学校の女子児童が男に声を掛けられたり体を触られたりする不審者情報が3件あった。うち1件は当時の2年生が登校中に手をつかまれ、学校を通じて県警にも相談したという。

 捜査本部によると、女児は7日午後3時ごろに友人と下校し、自宅近くの踏切を渡るまでに別れた。母親が同5時ごろ、新潟西署に「娘が帰ってこない」と通報。同10時半ごろに上り普通列車にひかれ、死亡しているのが見つかった。

 遺体はレール上に横たわるように置かれており、捜査本部は事故に見せかけて犯行の発覚を免れようとしたとみている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ