新潟女児殺害 1人になった一瞬の“隙”を突かれ…繰り返される登下校時の事件

女児遺体発見の経緯

女児遺体発見の経緯

 登下校時に児童が事件に巻き込まれる被害は過去にも繰り返され、安全確保が課題になっていた。集団登下校や、国が推し進める地域社会全体での子供の見守りに解決策を見いだす向きもあるが、リスクをゼロに抑えることは極めて困難だとされる。殺害された小学2年、大桃珠生(たまき)さん(7)も友人と下校した後、1人になった一瞬の“隙”を突かれた。

 大桃さんが新潟市立小針小学校を出たのは7日午後3時すぎ。大通りを友人数人で歩き、自宅近くの踏切まで500メートル進んだ。周辺にはコンビニエンスストアや飲食チェーン店などがあり、人目は多かった。

 その後、踏切付近で友人と別れて1人になったとされる。自宅までの線路沿いの300メートルは住宅街を縫う細い道。防犯カメラなどの“目”もないとみられ、大桃さんは、この踏切から自宅までの間に連れ去られた可能性が高い。

 繰り返される登下校時の事件。文部科学省は、安全策として「極力、1人にしないことが重要」との見解を示し、集団登下校が有効な安全対策の一つとして例示する通知を出している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ