新潟女児殺害 事件後もサングラスの黒服男、ビデオ所持…女子中学生追いかける

 新潟市西区のJR越後線の線路で、近くに住む小学2年の大桃珠生(たまき)さん(7)の遺体が見つかった殺人・死体遺棄事件で、同区では昨年4月以降、12件の不審者情報が市や新潟県警に寄せられていたことが12日、分かった。事件後の情報も2件含まれており、いずれも大桃さんを事件当日の登校時に追いかけたとされる男と類似していた。

 大桃さんは7日朝の登校時に「黒い服を着てサングラスをかけたおじさんに追いかけられた」と友人らに説明していた。同日午後3時15分ごろ、一緒に下校していた友人らと別れ、線路沿いの自宅近くの生活道路を1人で歩いている姿が目撃されたのを最後に足取りが途絶えた。

 「黒い服の男」の不審者情報は事件後も続き、市教委によると、8日午後3時ごろ、大桃さんが通っていた小針小の近くにある小針青山公民館付近で、黒い服に黒のマスク姿の男が、独り言を言いながら歩いているのを女子中学生が目撃。男はビデオを所持しており、中学生を追いかけた。9日午後6時ごろには、学校から約2キロの路上で、黒い服の男に女子中学生が追いかけられたという。男は黒い帽子もかぶっていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ