新潟女児殺害 重要参考人は近所の男 最終局面へ詰めの捜査

 新潟市西区のJR越後線の線路で、近くに住む市立小針小2年大桃珠生さん(7)の遺体が見つかった殺人、死体遺棄事件で、新潟西署捜査本部は14日、近所に住む男から重要参考人として任意で事情聴取を始めた。発生から1週間を迎え、最終局面へ詰めの捜査をしている。

 捜査本部によると、大桃さんは7日午後3時ごろに下校。自宅近くの踏切に向かう途中で友人と別れ、踏切付近を1人で歩く姿が目撃された後に行方不明となった。単線の線路を約10分前に下り列車が通った際に異変はなく、この間に遺棄されたとみられる。遺体は下校時と同じピンクのジャンパーとグレーのズボンを身に着け、周辺にランドセルやスニーカーが落ちていたが、持っていたはずのピンクの傘は見つからなかった。捜査本部は、遺体の状況から連れ去り後短時間に、遺体発見現場とは別の場所で殺害、数時間後に遺棄したとみている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ