「ポルシェ」高性能車であおり運転→バイク転倒させ逃げる 命を救う医師がなぜ?

【衝撃事件の核心】

現場となった道路。杉本壮被告は被害者のバイクに幅寄せし、左側の農地に追いやった=神奈川県伊勢原市

現場となった道路。杉本壮被告は被害者のバイクに幅寄せし、左側の農地に追いやった=神奈川県伊勢原市

 排気音を響かせ、300馬力のスポーツカーは1台のバイクを執拗(しつよう)に追い回した-。神奈川県伊勢原市の路上でバイクに幅寄せして転倒させ、運転していた男性を負傷させたとして、自動車運転処罰法違反(危険運転致傷)などの疑いで25歳の無職の男が神奈川県警に逮捕、起訴された。

 男がハンドルを握っていたのはドイツ製の高級車「ポルシェ」。現場には今も衝撃の跡が残されていた。

 起訴された伊勢原市の無職、杉本壮被告は3月18日の午後1時45分ごろ、同市三ノ宮の市道で厚木市の男性会社員(45)のバイクにポルシェ「ボクスター」を幅寄せして接触させ、逃走したとされている。男性は道を外れて転倒し、左足を骨折する全治約8週間の重傷を負った。

 総輸入販売元の「ポルシェ ジャパン」のホームページによると、このボクスターに搭載される2リットルエンジンは最高出力300馬力で、停車状態から時速100キロに到達するまでの時間はわずか5・1秒(マニュアル車)という高性能を誇る。ぶつけられた男性が乗る125ccのスクーターはひとたまりもなかった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ