組長交代 神戸山口組中核組織

 指定暴力団神戸山口組の中核組織「山健組」の本部事務所(神戸市中央区)近くのビルで16日、組幹部らが出席して組長交代の「継承式」が行われた。捜査関係者への取材で分かった。山健組は神戸・三宮の繁華街の縄張りなどをめぐって他団体と対立しており、兵庫県警の捜査員がこの日朝から事務所前で警戒や情報収集に当たった。

 捜査関係者によると、これまで山健組組長は、神戸山口組トップの井上邦雄組長(69)が兼ねていたが、この日の継承式で山健組ナンバー2の若頭だった中田広志幹部(59)が5代目組長に就いた。

 継承式は午前中に始まり正午過ぎに終了。紋付き袴姿の中田幹部がビルから出て報道陣の前に姿を見せると、無言のまま歩いて本部事務所へと入った。

 指定暴力団山口組はもともと1つの暴力団組織だったが、2年半以上前から分裂騒動が続いている。平成27年8月、山健組を中心とする勢力が離脱して神戸山口組を結成。29年4月には、山健組副組長で神戸山口組若頭代行だった織田絆誠(よしのり)幹部(51)らの勢力が神戸山口組を離れて任侠団体山口組(のちに任侠山口組に改称)を結成した。いずれも山健組が騒動の要だったことから、県警は新体制発足後の動向を警戒している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ