新潟女児殺害 たまきちゃん「忘れないよ」 献花台、2週間で5倍に

 新潟市の小学2年、大桃珠生さん(7)殺害事件は21日で発生から2週間、容疑者の逮捕から1週間となった。遺体が遺棄された現場のJR越後線の線路沿いに近隣住民が設置した手作りの献花台はこの間、大きさが5倍ほどに。「忘れないよ」とメッセージを添えた花束やキャラクターが描かれたお菓子、ぬいぐるみなどを供え、手を合わせる人は絶えない。

 花束はバケツや大きな花瓶に生けられ、お菓子やジュースは棚やかごに整理して入れられている。「たまきちゃんのこと忘れないよ」と幼い字でメッセージを添えたものもある。

 献花台は花束などが増えるのに伴って近隣住民が棚やバケツを用意して設置。棚一つから始まって徐々に大きくなり、幅は当初の5倍の10メートルほどに広がった。通過する電車から手を合わせる人の姿も見受けられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ