森友学園の籠池夫妻 持論を展開「国策勾留。妻はえん罪」

 学校法人「森友学園」(大阪市)の補助金詐取事件で、詐欺罪などで起訴された学園前理事長の籠池(かごいけ)泰典被告(65)と妻の諄子(じゅんこ)被告(61)が25日午後に保釈され、大阪市内で記者会見を開いた。籠池被告は「国策勾留。妻は冤罪(えんざい)」と訴え、持論を展開した。

 会見の冒頭、籠池被告は約10カ月ぶりに拘置所から出てきた思いを約10分にわたって語った。要約すると次のような内容だ。

 《国策勾留と認識している。妻は全くの冤罪。人権蹂躙(じゅうりん)の状況で長く勾留されていた。大変なことだと思う》

 《私が国会における証人喚問でしっかりと答えさせてもらったことは、何にも虚言はございません。それはお伝えしておきたい》

 そして、この日の朝、拘置所内で浮かんできたという俳句を読み上げた。

 《早朝の 志をうる 初夏の風》

 この後、報道陣との質疑に移った。主なやり取りは以下の通り。

 --約300日の勾留だったが

 籠池被告「非常に苦痛だった。やっと出させてもらった。これから活躍させてもらいたい」

 諄子被告「どんな艱難(かんなん)も自分を磨いてくれる砥石(といし)と思い、感謝しています」

 --国有地取引に関して安倍晋三首相の昭恵夫人の影響はあったと思うか

 籠池被告「国会の証人喚問で話したことは全く嘘をついていない」

 --刑事裁判ではどのような主張をするか

 籠池被告「この場では言いにくいです」

 諄子被告「主人と同じです」

 --財務省が公表した交渉記録では、諄子被告が近畿財務局の職員にコースターを投げつけるなど悪態をついたと書かれているが

 籠池被告「財務省で改竄(かいざん)があったということは、今も改竄があるのではないか。出てきた資料は、そのまま本当だと認識されるのでしょうか。考えられない話です」

 --財務省が決裁文書を改竄していたことについて

 籠池被告「国民の財産を国民のサーバント(使用人)である国家公務員が書き換えるのは絶対にしてはならない。国民への背信です」

 --もし改竄について虚偽公文書作成罪などが不起訴となればどう思うか

 籠池被告「それは神風が吹かなかったということです」

 --安倍首相に伝えたいことは

 籠池被告「為政者はしっかり本当のことを言うべき。正々堂々と伝達、報告すべき」

 諄子被告「主人の言う通りです」

 --昭恵夫人には

 籠池被告「本当のことをしっかりと伝えていただければ」

 --勾留中に考えていたことは

 籠池被告「この世の中がどのように進展していくのか考えていた。しかし、今日出てきて何も変わっていない」

 諄子被告「私の中の神様にお任せしていた。それだけです」

 --約10カ月ぶりに会った互いの印象は

 籠池被告「うれしかった。私たちは相思相愛ですから。この人と一緒に結婚して、人生歩ませてもらって良かった」

 諄子被告「お父さんと結婚して良かったです。幸せです」

 --今、やりたいことは

 籠池被告「ご先祖様に手を合わせたい。墓参りしたり、仏壇にも手を合わせたい」

 --この問題に対する国民へのメッセージは

 籠池被告「佐川宣寿(のぶひさ)・前理財局長が、国会で嘘をついたのは大きなこと。ほかの役所にしても、官僚のやりたいようになっている。嘘をついてもそれでいいとなっている。国民がそんなもんなのかと思ってしまったら、日本は滅亡する。国民がもう少ししっかりと認識しなくてはならない」

 --土地取引についてはどう思っている

 籠池被告「国がこれが結構と印鑑を押したものですから、それはお国のほうに聞いていただかなくてはいけない」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ