4000人に30億円貢いだ紀州のドン・ファン急死、妻と遺産は…

 「夜10時頃、自宅2階の私室の椅子の上で、もがいたように腕を上げた状態で亡くなっていたそうです。顔には苦悶の表情が浮かんでいたといいます。最初に異変に気づいたのは野崎氏の妻・A子さんで、悲鳴を聞いた秘書兼家政婦の女性が警察に通報した。翌25日には自宅に現場検証が入り、26日にはすぐ近所にある野崎氏が経営する会社事務所でも警察が大人数をかけていろいろと調べていました。近づけないよう周囲には規制線が張られ、物々しい雰囲気でした」(地元紙記者)

 さらに5月29日には、死去翌日の現場検証の倍以上の人員が投入され、大規模な「家宅捜索」が行われた。鑑識が段ボールを運び込み、住居内はもちろんのこと、庭先もくまなく調べが行われていた。捜査員の中には、殺人などの凶悪事件を主に担当する県警捜査一課の刑事も含まれていた。元警視庁刑事の北芝健氏が解説する。

 「初期段階に、関係者立ち会いのもと自宅や会社事務所に警察が入って現場検証を行うことは、一般的な捜査手法です。さらにその後、裁判所の発行する捜査令状が必要な『家宅捜索』が行われたとなれば、事件性が強く疑われたり、有力な情報があるなど捜査が進展したということなのでしょう」

 野崎氏の名前が一気に知れ渡ったのは2016年2月。当時交際中だった自称モデルに、現金600万円と貴金属、合計6000万円相当を盗まれる被害にあった。交際相手は野崎氏より50才近く年下の20代。テレビのインタビューでは「1億円くらいは、紙切れみたいなもの」と言い放った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ