「紀州のドン・ファン」資産家変死 家族など複数の関係先を家宅捜索

 和歌山県田辺市の酒類販売会社社長、野崎幸助さん(77)が死亡し、体内から多量の覚醒剤の成分が検出された事件で、和歌山県警が、東京都内にある野崎さんの家族や会社関係者の自宅など複数の関係先を家宅捜索していたことが3日、捜査関係者への取材で分かった。

 捜査関係者によると、県警の家宅捜索を受けたのは、東京都港区などにある数カ所。野崎さんは5月24日夜、田辺市朝日ケ丘の自宅で死亡しているのが見つかり、その後の行政解剖で胃などから覚醒剤の成分を検出した。

 致死量を上回っていた可能性があり、県警は野崎さんが死亡した経緯と検出した覚醒剤の成分との因果関係を慎重に捜査していた。捜査関係者によると、野崎さんが倒れているのが見つかったとき、最初に119番したのがこの家族だったという。

 野崎さんは、資産家としても知られていたほか、これまでに多くの女性と交際してきた半生をつづった著書を執筆するなどしてテレビのワイドショーや週刊誌に取り上げられ、欧州の伝説上の放蕩(ほうとう)児になぞらえて「紀州のドン・ファン」とも呼ばれていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ