新潟女児殺害 小林遼容疑者を殺人容疑で再逮捕 容疑を否認

 新潟市西区の市立小針小2年、大桃珠生(たまき)さん(7)が殺害され、遺体がJR越後線の線路で見つかった事件で、新潟西署捜査本部は4日、死体遺棄などの疑いで逮捕した小林遼(はるか)容疑者(23)を殺人の疑いで再逮捕した。動機や詳しい経緯を調べる。

 再逮捕容疑は5月7日、新潟市内で大桃さんの首を絞めて窒息死させたとしている。大桃さんは同日午後10時半ごろ、自宅から約170メートル離れたJR越後線で列車にひかれ、死亡しているのが見つかった。

 捜査本部は司法解剖の結果などから、死因は窒息で、小林容疑者が下校途中の大桃さんを連れ去り、直後に殺害したとみている。

 小林容疑者は死体遺棄容疑での逮捕当初から容疑を認め、殺害への関与をほのめかす供述をしていたが、現在は殺害の容疑を否認しているという。

 新潟地検は4日、小林容疑者の死体遺棄と死体損壊容疑について処分保留とした。殺人容疑と一括して処分を決めるとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ