新幹線3人殺傷 「生きた心地がしない」止めに入り凶刃に倒れる…乗客が語る犯行の一部始終

神奈川県警小田原署から移送される小島一朗容疑者=11日午前(川口良介撮影)

神奈川県警小田原署から移送される小島一朗容疑者=11日午前(川口良介撮影)

 東海道新幹線の車内で9日夜、乗客3人が刃物を持った男に襲われ死傷した事件で死亡した梅田耕太郎さん(38)は、目の前で切りつけられた女性2人を助けようと止めに入り、凶刃に倒れた。複数の乗客の証言から、神奈川県警に殺人未遂容疑で逮捕された無職、小島一朗容疑者(22)による犯行の一部始終が浮かび上がった。

 土曜夜、午後9時23分東京発新大阪行きののぞみ265号。16両編成の列車には東京ディズニーランドの土産袋を持った乗客や、人気グループのコンサート帰りの女性らが乗っていた。

事件が起きたのぞみ265号の車内で待つ乗客=9日午後(乗客提供)

事件が起きたのぞみ265号の車内で待つ乗客=9日午後(乗客提供)

 新横浜駅を午後9時42分に出発して約3分後のことだった。12号車後方にいた兵庫県明石市の女性(31)は4、5席前の2列シートの通路側に座っていた若い男が突然立ち上がり、隣席の女性に無言で刃物を振り下ろすのを目の当たりにした。「突然のことで、何の前触れもなかった」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ