ドン・ファン 結婚後も「別の女性」の斡旋を頼んでいた

 「今思えば、奥さんの言動には不思議な点もありました。会社に、シンガポールから奥さん宛ての軽い小包が届いて、そのすぐ後に社長の愛犬が死んだのも気になっています。社長が亡くなった直後も、遺体の前で家政婦さんと一緒に平気で焼肉を食べていたり、葬儀の打ち合わせの時も、『遺骨は引き取らない』と言ってスマホを見ながら笑っていた」(野崎氏の会社関係者)

 実は野崎氏は、Sさんと結婚した後も、ある交際クラブの男性に「別の女性」の斡旋を頼んでいたようだ。

 「野崎さんとは以前から懇意にしていて、年に何回か、定期的に女性を紹介してきました。最後に紹介したのは今年の4月です。奥さんが海外旅行中とかで、奥さんにはお小遣いを数百万円渡したなんて言っていました。野崎さんと紹介した女性は東京で会っています。実は亡くなった当日の5月24日、僕は野崎さんと電話で話していたんです。6月11日に予定されていた愛犬のイブちゃんの“お別れ会”のことで。元気だったし、死を伝え聞いた時から、病気とか自殺ってことは絶対にないって思っていました」(交際クラブ関係者)

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ