静岡女性遺棄 犯罪誘引サイト 隠語、非公開機能が横行 専門家「摘発難しい」

 SNSの犯罪への悪用も懸念される。昨年、神奈川県座間市のアパートで9人が殺害された事件では、逮捕された男がSNSで自殺志願者を募り、非公開のメッセージ機能を利用して被害者らを呼び出していた。

 ネットワーク犯罪に詳しい甲南大法科大学院の園田寿教授(刑法・刑事法)は、こうした機能が犯罪の勧誘に使われる可能性もあると指摘した上で、「見ず知らずの者同士が容易に結びつき、1人ではできない犯行もしやすくなる。一方で、犯罪を示唆する明確な文言がない限り摘発は難しいのが現状だ」と話す。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ