「完璧な母になりきれなかった」2歳娘を殺害容疑の女 静かな住宅街に響いた悲鳴

【衝撃事件の核心】

 ため込んでいたストレスが限界値を超えたとき、その矛先は愛する娘へと向かった。大阪市住吉区で4月、マンション5階の自宅ベランダから長女(2)を投げ落として殺害したとして、殺人容疑で無職で母親の女(31)が逮捕された。女は「育児に悩んでいた」と供述。不眠や食欲不振が続く時期もあり、精神的に思い詰めていた様子がうかがえる。産後うつや育児ノイローゼといった言葉が示すように、出産を境に精神のバランスを崩す女性は少なくない。「完璧な母親になりきれなかった」と語った女。悲劇は避けられなかったのか。

 夫の静止を振り切り…

 「救急車!」

 「お医者さんはいませんか!」

 大型連休中の閑静な住宅街に、悲鳴が響いた。4月30日午前9時20分ごろ、同市住吉区苅田のマンション。アスファルトの地面に横たわる小さな女の子。駆け寄った父親とみられる男性は混乱状態となっていた。

 現場向かいの集合住宅に住む主婦(24)は一部始終を目撃した。

 女の子の名前を連呼し、人工呼吸を施す男性。女児は口から血を流し、男性の口元も赤く染まっていた。母親とおぼしき女が少し後になって姿を見せた。女児のそばに放心した様子でしゃがみ込んだ。「2人は対照的だった」と主婦は振り返った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ