福島第2原発の全基廃炉検討「東電の判断を重く受け止める」 内堀雅雄・福島県知事

 東京電力ホールディングスの小早川智明社長が福島第2原発全4基の廃炉検討を表明したことを受け、福島県の内堀雅雄知事は14日、県庁内で記者会見し「東京電力の判断を重く受け止める」とした上で、(廃炉に向けた)スタートになる」と語った。

 記者から「(東電の表明は)あくまで方針だが」と問われると、「県内原発の全基廃炉の形を見せてほしい」と要望。「確実に(廃炉)するよう、県として注視していきたい」と述べた。

 また、第2原発の全基廃炉が実現した場合の影響などについて、内堀知事は「(県沿岸部の)浜通り地方の不安が一つなくなる。(避難先から)戻るか戻らないか考え、悩んでいる人にとってプラスになる」とした。

 さらに、県全体でも「農産物や観光などで風評被害に苦しんでいる分野にとってもプラスになる」との見方を示した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ