小動物の衝撃音と判断し運転継続…JR西副社長「深くおわび」 山陽新幹線事故

 福岡県内で14日に起きた山陽新幹線のぞみ176号の人身事故で、JR西日本の平野賀久(よしひさ)副社長らが15日、大阪市の本社で記者会見し「多大な輸送障害を発生させ、4万人を超えるお客さまにご迷惑をお掛けし、深くおわび申し上げる」と陳謝した。

 JR西によると、事故が発生したのは小倉駅から約17キロ離れた北九州市の石坂トンネル西側。高架橋に設置された検査用の足場を伝って線路に侵入した形跡があるという。

 JR西は昨年12月に山陽新幹線の台車に亀裂が入った問題を受け、異常音があり、安全の確認ができない場合はすぐに停止することを徹底するなどの方針を示していた。

 事故は14日午後2時ごろに発生。博多発東京行きのぞみ176号が博多-小倉間で人をはねた。JR西は山口県下関市の新下関駅に停車させ、先頭車両の先端に割れを確認。運転士は「ドン」という異常音に気づいたが、過去に小動物に当たった経験から、今回も同様の衝撃音と考え、運転指令に報告せずに運行を継続したという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ