東北新幹線が運転見合わせ 停電で緊急停車、6時間後に運転再開

 17日午後1時56分ごろ、東京発新函館北斗・秋田行き東北新幹線はやぶさ・こまち21号(17両編成)が宮城県内の仙台-古川間を走行中に停電が起き、非常ブレーキが作動し緊急停車した。ほかの列車も立ち往生し、上下線で運行を約6時間停止した。このほか秋田、山形、上越、北陸の各新幹線など24本が運休、計152本に最大約5時間20分の遅れが出るなどダイヤが大きく乱れ、約15万人に影響が出た。

 列車が停電で停止したことについて、JR東日本はパンタグラフに何かがぶつかった痕跡があることを明らかにした。付近で鳥の死骸が見つかっており、電気トラブルとの関連を調べている。

 JR東によると、車両には計約800人が乗車していたが、けが人はいない。この列車の隣に上り新幹線はやぶさ22号(10両編成)を横付けし、乗客を移す対応を取った。

 22号は午後5時22分ごろ、仙台駅に到着。21号は、近くの車両基地に自力で移動した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ