大阪北部地震 ブロック塀、横倒しに 道路水浸し 大阪・高槻

 ブロック塀が小学校脇の道路に落ち、数十メートルにわたって横倒しになった-。大阪府高槻市では女児(9)がプールの壁に挟まれ死亡。火災や水道管の破裂などの被害も相次いだ。

 高槻市立寿栄小では、道路沿いに設置されたブロック塀が道路側に倒れていた。一部に青いシートが掛けられ、警察官が現場の状況を調べていた。小学校の近くに住む無職綿谷祐治さん(76)は「家の中にいる時、強い揺れを感じ、立っていられないほどだった。壁が倒れるなんて」と不安げな表情で話した。

 高槻市の住宅では「2階から煙が出ている」との通報があった。屋根から炎と黒煙がもうもうと舞い上がった。

 同市内の道路でも水道管が破裂。大量の水があふれ出した。周辺は水浸しになり、住民とみられる人や警察官が様子をぼうぜんと見守った。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ