JR琵琶湖線、京都線、神戸線で運転再開 学研都市線、宝塚線も

 18日朝に発生した大阪北部地震の影響で、京阪神のほとんどの路線で運転を見合わせたJR西日本は、同日午後9時半に運行情報を更新。琵琶湖線(長浜-京都)や京都線(京都-大阪)、神戸線(大阪-姫路)は、午後9時頃から一部の快速や普通列車の運転を再開した。また学研都市線(木津-京橋)、東西線(京橋-尼崎)、宝塚線(尼崎-広野)でも、学研都市線の四條畷-宝塚線の新三田間で普通列車の運転を再開。草津線は全線で復旧した。

 一方、嵯峨野線(京都-園部)、奈良線(京都-奈良)、和歌山線の王寺-橋本間、万葉まほろば線(奈良-高田)は終電まで運転を見合わせる。

 JR西によると、同日午後7時20分に阪和線、関西空港線、ゆめ咲線、7時26分に関西線の亀山-加茂間で運転を再開。同日午後に加古川線、草津線の貴生川-柘植(つげ)間、姫新線、羽衣線も復旧していた。

 しかし、大阪環状線や大和路線(加茂-JR難波)、学研都市線の四條畷-木津間のほか、湖西線(京都-近江塩津)、北陸線の長浜-敦賀、山陽線の姫路-上郡、おおさか東線(放出(はなてん)-久宝寺)などは、午後9時半以降も運転見合わせが続いた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ