大阪北部地震 倒壊で女児犠牲のブロック塀、建築基準法に違反 高さ、固定設備も

 大阪府北部地震で18日、高槻市立寿栄(じゅえい)小学校でプールのブロック塀が約40メートルにわたり道路側に倒れ、1人で登校中に下敷きとなった同小4年の三宅璃奈(りな)さん(9)が死亡した事故で、このブロック塀は建築基準法が定める高さを超えており、基礎と塀を固定する設備も同法に適合していなかったことが、高槻市への取材でわかった。

 同日午後に記者会見した高槻市の浜田剛史(たけし)市長は「死亡事故が発生したことに対し、深くおわびしたい」と陳謝。市によると、倒壊したブロック塀は、3年に1度法的な点検をしていたという。

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は、小中学校のブロック塀の安全点検を文部科学省に指示したと明らかにした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ