大阪北部地震 女児犠牲のブロック塀、危険性指摘の1カ月後、専門家が学校に念押しの警告メール

 大阪府北部地震で、高槻市立寿栄小4年三宅璃奈さん(9)が倒壊したブロック塀の下敷きになり死亡した事故で、平成27年11月に塀の危険性を市教育委員会と学校に指摘した防災専門家が、1カ月後に改めて学校にメールを送り、建築基準法改正(昭和56年)前につくられたブロック塀には特に注意が必要だと指摘していたことが22日、分かった。

 専門家は自身の被災経験を基に全国の学校で講演活動をしている防災アドバイザー吉田亮一氏(60)で、27年11月2日に寿栄小で講演。開始前に通学路を歩き、危険な箇所をチェックし、ブロック塀についても危険だと当時の教頭に伝えた。

 その後も気になっていたため、念押しする目的で同12月7日に「通学路の安全確保について」と題した資料を添付し、危険性について注意を促すメールを改めて学校に送っていた。学校から市教委に伝わったかどうかは確認していないという。

 市関係者によると、市教委は28年2月に検査し「安全だ」と学校に回答した。吉田氏は「ちゃんとコンクリートの専門家が確認したのか。図面を見れば脆弱性はわかるはずだが、残っていないなら、対応に疑問が残る」と指摘した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ