大阪北部地震 ようやく走り始めた新幹線はガラガラだった… 地震後の運転再開で座席を配分できなかった理由

 大阪北部地震が発生した6月18日、東海道新幹線の東京駅では実質4時間以上も運転見合わせとなり、その後もダイヤの乱れが終日続いた。しかし実は、運転を再開した列車の客室内はガラガラだった…。たまたま乗り合わせた記者は、東京から新大阪まで、空席だらけの車内で悠々と過ごした。一刻も早く目的地に着きたい人が多い中、どうしてこのような事態が起こったのだろうか?

大阪北部地震があった日、運転を再開した東海道新幹線「のぞみ」の指定席車内。空席を再配分できなかったため、東京から新大阪までガラガラのまま走った =6月18日

大阪北部地震があった日、運転を再開した東海道新幹線「のぞみ」の指定席車内。空席を再配分できなかったため、東京から新大阪までガラガラのまま走った =6月18日

6時間半の遅延

 午前7時58分、大阪府北部を震源とするマグニチュード(M)6・1の地震が発生。東海道新幹線は直ちにストップした。その後、次の駅まで短距離の移動をする列車はあったが、実質的には全線で運転見合わせ状態が続いた。

 記者は東京駅を午前8時過ぎに出発するのぞみで新大阪へ向かう予定だったが、車内で待つこと4時間余り。列車は午後0時半ごろにようやく走り出した。その後も断続的に停車を繰り返し、新大阪駅に着いたのは午後5時ごろ。当初予定から約6時間半の遅延だ。

 ところが、東京駅で待っている間も、列車が走り始めていくつもの駅に停車した後も、記者が乗った指定席車両は空席だらけ。写真のように人影は少なく、普段はかばんやキャリーケースで埋まる荷物棚もほとんど空いたままだった。

 JR東海によると、東海道新幹線ではこの日、上下線合わせて107本が運休となり、多くの人が移動の足を失った。また、駅にあふれた客を輸送するため、全席自由席の臨時列車も計5本運転されたという。

 記者が乗った列車では、東京駅で停車中に車内放送で「自由席はかなり混み合ってきました。全席自由席の臨時列車は空きがあります」と後続列車へ誘導するアナウンスも聞こえた。指定席は空席ばかりだったのに…。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ